恋愛の謎とその理由

バンドマンは何故モテる?

更新日:

テレビなどに出ているメジャーのアーティストならいざしらず、売れてなくても、バンドマンは何故だかモテる。

何故、バンドマンはモテるのだろう?

カッコいいから?
それとも歌がウマイから?

果たして、たったそれだけで、そんなにモテるのだろうか?

僕は、バンドマンの仲間が多いのだけれど、バンドマンは基本的に貧乏だし、ファッションセンスだって風変わりで奇抜だし、一般的な視点から見れば、モテるような要素は殆ど無いと言える。歌がウマイ奴だってバンドマン以外にも沢山居る。

なのに、何故だかバンドマンはモテるのである。
とっかえひっかえで彼女が変わるし、彼女が居てもお構い無しに、とにかく抱かれたいと思っている女も多い。

バンドマンのどこにそんなにモテる要素あるのだろうか?

客観的に見ればモテるはずのないバンドマンがモテる理由

日頃からバンドマンと遊んでいたり、ライブの打ち上げなどに参加していると、いつも不思議に思う事があった。

バンドマンの主催の飲み会や遊びには、いつでも女の子は沢山居る。それ自体は不思議じゃないし、僕自身もおこぼれにあずかりたいと思っていたし、その場に居る女の子達とそれなりに仲良くなって親しい関係を築く事もできるから、いつかは「美味しい思い」をできると思っていた。

ところがそんなチャンスはただの一度もなかった。

何故なら、バンドマンの周りに居る女の子と話しても、全く話が盛上がらないのである。
話題の食べ物やお店の話、女の子が好きそうな話をしても、全部が全部、全く盛上がらないのである。

もちろん何かを話掛ければ、それなりの返事をしてはくれるのだけれど、死んだ魚のような目をしていて、心ここにあらずって感じなのである。そんな調子なので、遊びに誘っても、断わられてしまう。

ところが、その白けたムードの中にバンドマンが登場すると、やたらと盛上がるのである。女の子達の表情を見れば、それは一目瞭然で、今までの死んだ表情がウソのように目をキラキラさせながら、真剣な表情でバンドマンの話を聞いて、喜んだり、大笑いしたりするのである。

お酒なんかが入っていると、次第に抱かれたいモードを丸出しにする女の子も沢山見てきた。

一度や二度ならまだしも、いつもいつもそういう情況になってしまうので、何か特別な理由があるのではないかと考えるようになってきた。

そして、まずは自分自身を疑ってみた。自分がつまらない人間なんじゃないか・・・と。

しかしバンドマンの集まり以外の集まりでは普通に盛上がる。いや、普通以上に、盛上がった話の中心に居たりすることだってある。なので、原因は自分じゃない。

次に、バンドマンに集まる女の子たちを観察してみると、彼女達にはある特徴がある事に気がついたのである。

バンドマンに集まる女の子はバンドマンが好き

バンドマンに集まる女の子はバンドマンが好きなのである。

当たり前のことであるが、実はもの凄く重要なのである。

バンドマンに集まる女の子を観察すると、彼女たちのバンドマンを見る目が、恋する少女のように、キラキラして、じっと相手を見つめている。まるで魔法にかかっているような状態だ。

そしてそれが、好きなバンドのメンバーに対してだけではなく、その対象がバンドマンという事実だけで魔法にかかってしまうようなのだ。

とある打ち上げの時である、打ち上げの開始を待っているそのテーブルにはバンド好きな女の子たちと、僕と初対面の男が座っていた。

例の如く、話を振れども振れども、女の子たちの微妙な反応が続く。どうしたモノかと思ったその時、僕の隣に居た初対面の男が、実はバンドマンだと判明した瞬間、女の子たちの表情がガラリと変わり、その男の話を楽しそうに聞き始めたのである。

その変化があまりに衝撃的だったので、ある日、知り合いのバンドマンに先日の出来事を説明すると、彼はこう言ったのどである

「よく気がついたね。世の中には『バンドマン好きの女』がいるんだよ」と。

『バンドマン好きの女』とは、バンドマンには無条件で心を開く女のことらしい。有名無名にかかわらず、バンドマンというだけでトロ〜ンとなってしまったり、魔法にかかってしまう女の子が居るというのだ。そして、そういう子を口説くのには、何の苦労も必要無いらしい。何故なら誘えば言われるがままに付いてくるからである。

その話を聞いて、なぜ僕の話では盛上がらなかった女の子が、バンドマンの他愛の無い話でも盛上がるのかという疑問が解けた。

バンドマン好きな女の子は、バンドマンに無条件で心を開くけど、バンドマン以外には簡単に心を開かない。つまり、口説くだけ時間の無駄なのである。

バンドマンは何故モテるのか?
それは、バンドマンはバンド好きの女子に囲まれているからである。

バンドマンの出演するライブハウスなどはバンド好きの女の子ばかりが集まる特別な空間なのである。それは言わば、ハーレムの中に居るのと同じで、そんな中にいれば誰だってモテるのである。

特定の分野に執着する女の子は口説くべからず

バンドマンに限らず、ホストやスポーツ選手など、何か特別な事をやっている人にある種の女性は群がったりする。

どうやら女性にはそういう特性が女性にはあるみたいで、あらゆる分野でそういう「夢中になっている女性」を目撃する。

バンド好きやホスト好き、アイドル好き、スポーツ選手好き、作家好きなど、偏った趣向を持った女性は口説こうと思っても口説けない。何故なら、自分が夢中なことをやっている人に夢中なので、他が目に入らないからである。

もしもバンドマン好きな女の子を口説きたいと思ったら、バンドマンになるしか術がないのである。それが一番近道で、確実な方法だからである。

バンドマン好きな女の子を口説けるのは
バンドマンしかいない

恋愛の必勝法

この事実から学ぶべき点は、落とせない相手は、いくら努力しても落とせない。ということである。
つまり、脈のない相手を必死で口説いても無駄に終わる。

逆に考えれば、少しでも脈のある相手を口説けば良いのである。そうすれば、恋人なんかは一瞬でできてしまう。

可能性のある相手を口説くべし

-恋愛の謎とその理由

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.