モテるための基本

好きな人に恋愛対象として好きになってもらうためのスタートライン

更新日:

好きな人に好きになってもらうためには努力が必要です。しかし努力と言っても間違った努力では好きになってはもらえません。

好きな人から恋愛対象として好きになってもらうために必要なことについて考えてみることにしましょう。

好きな人に好きになってもらうためのスタートライン

好きな人から恋愛対象として好きになってもらうためのスタートラインは自分自身のキモさに気付くことです。

なぜならば誰かに好きになってもらうためにはカッコ良いとか可愛いなどの見た目や上辺の問題ではなく、あなたを一人の人として受け入れられるかどうかという問題が基本にあるからです。

あなたのことを恋愛対象として受け入れられない理由があるとすれば、それはあなたが相手にとってキモい存在だからということに尽きます。

好きになってもらえない全ての要因はあなた自身のキモさにあるのです。

なので、自分自身の気持ち悪さに気付き、それを1つ1つ修正していくことが出来れば、好きな人に好きになってもらえる可能性も生まれるのです。

自分自身のキモさに気付く、あるいは自分自身をキモい存在だと認めることから全てはスタートします。

自分のキモさを修正することのメリット

恋愛においてキモさは徹底的に悪である

相手にキモいと思われていれば何をやっても拒絶されます。キモさは恋愛においては徹底的に悪なのです。

キモい状態のままだと、いくら積極的にアプローチしても相手はあなたから離れようとします。積極的にアプローチすればするほど裏腹に相手の気持ちが離れてしまうという悪循環を繰り返すことになります。

努力しても好きになってもらえない人、積極的に行動を起こしても相手との距離が縮まらないような人はその悪循環を日々繰り返しているのです。

この悪循環から抜け出す方法はただ一つ、自分自身のキモさに気付き、そのキモさを修正することです。

キモさをなくす最大のメリットとは?

キモさがなくなれば不思議なほど人から拒絶されることが少なくなります。いろいろなことを受け入れてもらえるようになるのです。もちろんあなた自身の存在も受け入れてもらえるようになります。

相手から拒絶されないので相手に遠慮なくアプローチできるようになり、一つ一つの行動が良い効果をもたらすようになるのです。

キモいと思われているうちは可能性が無い

キモいと思われているうちは何をやっても裏目に出ます。

例えば、相手からキモいと思われていると、相手に対してどんなアクションを起こしたとしても相手から拒絶されてしまいます。

それでもめげずに積極的にアピールすることも出来ますが、何かの行動を起こせば起こすほど、相手の拒絶はどんどん強くなり、やがて全く進展が望めない状態にまで悪化してしまいます。

気がつけばストーカーのようになってしまい、相手からは完全にシャットアウトされて一歩も動けなくなってしまうのです。

拒絶されなければ好きな人との距離を縮められる

拒絶されないことは素晴らしいことです。

キモいと思われていなければ、断られることはあっても拒絶されることがありません。
行動を起こす度に好きな人との距離をどんどん縮めていけるのです。

例えばデートや遊びに誘って断られてもそれは拒絶ではないので再びアプローチするチャンスが残されます。なので昔からある恋愛必勝法で言うところの「押しの一手」が通用するようになります。

一方キモいと思われている状態で押しの一手を実行するとストーカー化してしまうのです。

この差が、モテる人とモテない人の根本的な違いです。

同じことをしてもキモいと思われているか、そうでないかで結果が変わる

恋愛対象として好きになってもらうには自分自身の修正力が必要

自分自身のキモさを修正できるひとが恋愛の勝ち組になる

自分自身がキモい存在であることを自覚し、そのキモさを修正することが出来るようになれば、徐々にキモさは浄化され拒絶されることが少なくなってきます。

そして気持ち悪さがなくなるに従って自然とあなたのことを恋愛対象として好きになってくれる人が増えてくるようになります。

これはけして今日始めれば明日からモテるようになるというような即効性のあるものではありませんが、地道な努力を重ねることで三ヶ月後、六ヶ月後、一年後といった感じで徐々に効果が実感できるような素敵な出来事が起きるようになります。

モテるかモテないかの違いは、自分自身で自分のキモさを自覚して修正できることと、この地道な努力を持続できるかどうかということに掛かっています。恋愛において勝ち組になる人は意識的、無意識的に関わらず常に自分のキモさを修正する努力ができる人なのです。

自分のキモさにはなかなか気が付けない

恋愛対象として好きになってもらうためには、自分自身のキモい要素を修正し排除していけば良いだけです。

しかし、残念ながら自分自身のキモさにはなかなか気付けません

自分自身のキモさに気付ける人はごく少数で、大抵の人は自分自身がキモいとさえ思ってはいないのです。

その結果、世の中は少数のモテる人と大多数のモテない人とに分れてしまいます。

自分自身のキモさに気付けるようになるには?

自分自身のキモさに気付けるようになるには、常に自分の言動にキモさが無いかを意識することが大切です。

最初のうちは自分のどこがキモいのか全く解らないものです。しかし常に意識することで「あ、今の発言は気持ち悪かったかな・・・」「今考えている妄想はきっとキモいんだろうな・・・」などと今まで見えなかったモノが次第に見えるようになってきます。

つまり常に自分のキモさを疑い、自己確認することが大切なのです。

もちろんセンスも大きく影響します。モテるような人はモテるためのセンスが良いので特に意識しなくてもキモさを常に修正できるのでモテ続けるのです。モテる人は自身のキモさに対して非常に敏感で、すぐにキモさを修正できるため、人からキモいと思われることがないのです。

しかしスーパースターでも目指さない限りはそのようなセンスは普通の人には必要ありません。人並みに出来る範囲で意識して修正するレベルでも構わないのです。

とにもかくにも、自分のキモさを疑い、自己確認し、キモいと思った部分はすぐに修正をする、ということを意識して実践することが大切です。

常に自分のキモさを意識し修正することが恋愛の正しい努力

努力は正しく続けなければ意味が無い

自分自身のキモさを意識して少しずつキモい部分を修正していくことで徐々に拒絶されることが少なくなり、好きな人に対して効果的にアプローチが出来るようになってきます。

大抵の場合は努力を開始して三ヶ月くらいすると徐々にその効果を感じられるような出来事起こるようになるでしょう。日常生活のいたる場面で今までとは何かが違う感じ、つまりは少しずつ自分がモテるようになってきていると実感出来るようになるはずです。

しかし努力の成果を実感できるようになってもそれで終わりにしてはいけません。モテるための飽くなき努力をずっと続けてください。努力をやめてしまうとまたモテなくなってしまうからです。

何故ならば、人は先天的にキモさを持った生き物なので、何も努力をしないでいると、自然にどんどん気持ち悪くなってしまうのです。

逆に言えば、モテる人は努力をし続けている人、または努力を自然に出来る人でもあるのです。

努力無くして栄光無しはモテる世界においても同じというわけです。

モテるためには絶え間ない努力をしましょう。好きな人に好きになってもらえるならば大した苦労ではないはずです。

-モテるための基本

Copyright© モテ鯨式恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.