モテるための法則

モテようとしてカッコつけるとモテなくなる法則

更新日:

カッコ良い人はモテる。
だから、カッコつければモテると思って、ひたすらカッコ付けて過ごした時代がありました。

しかしその努力の結果も虚しく、全くモテませんでした。

何故、カッコつけてもモテないのか?
その理由についてまとめてみます。

モテるためにカッコつけたい

カッコつければモテる。
そう思っていた時代がありました。
むしろ、カッコつけないとモテないとさえ思っていました。

例えば、アイドルやミュージシャンのプロモーションビデオのように、あるいは、映画やドラマのワンシーンで見たカッコいい仕草を真似て、主人公を気取れば「あの人カッコいい」「渋い」などと思ってもらえるものだと信じていたのです

そうして飲み会などに参加した時には渋い表情で煙草をくゆらせてみたり、日頃は飲みもしないウィスキーをロックで注文してみたり、時には自慢の腕時計や装飾品を使ってカッコ良い自分をアピールしていました。

ところが、いくらキメキメにカッコつけてみても、自分が思い描いたような反応は誰一人としてしてくれません。

遠巻きに羨望のまなざしで見られたり、芸能人のようにキャーキャー言われるなんてことは全くありませんでした。

それどころか、話し相手も無く、ポツンと一人だけ浮いてしまったりして、虚しく落ち込むむような時間を繰り返していたのです。

自分がカッコいいと思う人を真似て精一杯にカッコつけて過ごしたはずなのに、何故モテなかったのでしょうか?

カッコつけると増々モテなくなる法則

カッコつけたはずなのにモテなかった理由はカッコつけるとモテなくなる法則があるからです。

法則は単純明快で、カッコつけると言動全てが不自然になります。
不自然な言動は、あなた自信をキモい存在にしてしまうのです。

つまり、カッコつければつけるほど、より不自然さが増して、どんどん気持ち悪い存在になってしまうのです。

その結果、多くの人はあなたから離れてしまうようになります。
誰だってキモいと思った人とは一緒に過ごしたくはないからです。

不自然なことはキモくなる

モテる人はカッコつけない

モテる人は自然体で過ごしている

そもそものお話ですが、モテる人はカッコつけたりはしません。
逆に言えば、カッコつけないからモテるのです。

なのでモテる人はカッコつけようとしたりはしません。
カッコつけなくてもカッコがついてしまうのです。
モテる人のカッコ良さは板に付いているのです。

モテる人と過ごしてみると解りますが、モテる人は無闇矢鱈にカッコつけたりはしません。その代わり、モテる人と一緒に居ると、とても居心地が良いのです。

そこがモテる人とモテない人との大きな違いなのです。

カッコ良さではなく居心地の良さがモテるポイント

モテたいと思うのであれば、カッコつけてはいけません。
カッコつけるために無理に着飾ったり、自分を大きく見せようしては駄目なのです。

カッコつけて自分を大きく見せようとすることでどうしても不自然になってしまいます。
そして相手にも無言のプレッシャーを与えてしまうのです。
つまり、カッコつけるということは相手との間に壁を作ってしまうということなのです。

対照的にカッコつけたりしないような人と一緒に過ごせば、とても居心地が良いものです。その理由は、相手が自然体で居てくれる時、自分自身もまた自然体で居られるからです。

そして大抵の場合、自然体で過ごせる人と一緒に過ごす時間はとても楽しいのです。

居心地が良いということは、恋愛において非常に大切なことなのです。

カッコつけをやめるとモテるようになる

カッコつけるのをやめると次第にモテるようになります。
それは、カッコつけることをやめることで不自然さも一緒になくなるからです。

カッコつけずに自然体で過ごすべし

自信が無いからカッコつけてしまう

カッコつければモテなくなってしまうのに何故カッコつけてしまうのでしょうか?

それはありのままの自分でいることに自信がないからです。
ありのままの自分では魅力がないと自分で思っているので、カッコつけることによって自分の魅力をアピールしたくなるのです。

しかしながらカッコつければつけるほど、モテたい気持ちとは裏腹に、どんどんモテなくなってしまうのです。

カッコつけずに自然体でいられるようになるためには

日々の努力で自分を磨く

カッコつけたりせずに自然体でいられるようになるためには、日頃から努力を重ねていくしかないと僕は思います。

日々の努力の積み重ねれば、少しずつ自信を持てるようになります。
そうすることで無理矢理に着飾ったりする必要もなくなります。
つまり、自然体で居られるようになるのです。

では、努力とは何でしょうか?

それは身だしなみに少しだけ気を遣ってみたり、いろいろなことに興味を持って、積極的にチャレンジしてみることだと思います。

そうする事で自分自身が磨かれ、カッコつける必要もなくなるのです。

正しい努力は必ず報われる

努力次第でセンスも磨けます。
センスを磨けば無理をしなくても自然とカッコがつくようになってきます。

そうして常に自然体でいられるようになれば、不自然さの塊だったキモさはどこかへ消えてなくなります。

まずはカッコつけない努力を半年続けてみることです。
努力を絶やさず、そして出来るだけ自然に従って過ごしてみるのです。

正しい努力を続ければ、結果は必ずついてきます。
カッコつけるのをやめ、自然体で過ごせるようになれば、きっとかなりモテるようになるはずです。

自然体でいることがモテるためには最も大切

-モテるための法則

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.