モテるための基本

相思相愛になる方法

更新日:

相思相愛になる方法

好きな人から好きになって貰えない理由
それはあなたがキモいからです。
キモい人のことは誰もが好きになれません。

相思相愛になれない理由

あなたが好きな人から好きになってもらいたくて、どんなに努力をして積極的に気持ちを伝えてみても、その人から好きになってもらえないでいるとしたら、あなたの存在はその人にとってキモい存在だと思って間違いないでしょう。

あなたは好きな人からキモいと思われているのです。

相手からキモいと思われてしまうと、どんなに相手に気持ちを伝えても絶対に恋人関係にはなれません。それどころか好きな気持ちを伝えるために積極的になればなるほど相手はあなたから距離を置こうと考えるようになります。

人は一度でもキモいと思ってしまうと、もう二度とその人のことは受け入れられなくなるのです。

それを知らずに、もっと積極的に気持ちを伝えなければと、あなたの気持ちをアピールすればするほど関係はどんどん悪化していきます。そして、引き際を間違うとストーカーのようになってしまうのです。

もしもあなたが自分自身のことを少しでも「ストーカーっぽいな・・・」と感じたら要注意です。

そう感じる時は、確実にあなたは相手にとってキモい人であり、ストーカー化しているはずです。

キモい人とは一緒に居たくない

恋がなかなか進展しなくて相思相愛になれない理由

昔から遠くて近きは男女の仲と言うように、恋人関係になる時は思っている以上にスムーズに展開する場合がほとんどです。

まして相手が満更でもない場合は、努力しなくても自然に良い方向に展開していきます。極端な話、身体の関係が先に出来てしまってから付き合い始めるなんてことも珍しくはありません。それが自然なのです。

逆に言えば、なかなか上手く進展しない恋というのは不自然なのです。
あなたが好きな人に近づこうと努力して積極的にアピールしてもなかなか恋が進展しないのは相手があなたとの距離を置いているからです。

つまり、あなたが一歩近づこうとするたびに、相手はあなたから一歩遠ざかろうとしているのです。

そういう状態では、いくら努力しても相手との距離が縮まりません。

好きな人に好きになって貰え図に相思相愛になれない理由

何故、あなたの好きな人はあなたのことを好きになってくれないのでしょうか?
何故、好きな人との恋は上手く進展してくれないのでしょうか?

それは、あなたが好きな人に対して好きな気持ちをアピールする方法を間違っているからです。

間違ったアピールをすることで、あなたの想いは間違った形で相手に伝わることになります。

例えば相手に自分の気持ちを伝えたくて、さりげに相手の気持ちを探ろうとしてみたり、遠巻きに相手の事をずっと観察してしまったりするようなことは、してはいけないことなのです。

片思いをする人が自分の気持ちをどうしようもなく抑えきれなくなった時などに取ってしまいがちな行動パターンですが、大抵の場合それは爽やかでサッパリしたものではなく、ネットリとして重苦しいものとして相手にして伝わるのです。

そうして相手はあなたのことを気持ち悪い存在と思うようになり、あなたの気持ちに気が付いていても鈍感なフリをして出来るだけスルーしようとするようになります。

相思相愛になるための鉄則

好きな気持ちをなるべく早い段階で相手に伝える

自分の好きなタイプの人が現れたら、なるべく早い段階でそのことを相手に伝えましょう。

極端な話、会ったその日でも良いのです。理想のタイプであることを相手に伝える事が大切です。相手に気持ちを伝えるのに遅すぎることはあっても、早すぎるなんてことはないのです

好きという気持ちを長い間、隠し持つと、妄想を膨らませ、在りもしない理想の相手を頭の中で創り上げてしまいます。まだ付き合ってもいないのに「この人しか好きになれない」「ここまで好きになれる人はもう現れない」などと考えるようになったりするのです。

しかしそれは妄想で創り上げた相手だからこそそこまで想ってしまうのです。
当然、相手からすればそれは迷惑なことであり、気持ち悪いことでもあります。

また、好きという気持ちを伝えるのを先延ばしにすればするほど空想の中の理想の人の存在が大きくなり気持ちを伝えられなくなってしまうのです。そして抑えられなくなった気持ちを伝える時には当たって砕けろの精神で相手に気持ちをぶつけてしまうのです。

その温度差が相手からすれば大変気持ち悪いものとして伝わってしまい、その恋が成就する可能性は限りなく低くなってしまいます。

相手に好きな気持ちを伝えるのはタイミングが早ければ早いほど、意識せずさりげなく自然に伝えることが出来るのです。

素敵だなと思えば、その時に「素敵ですね」と伝えれば良いのです。
カッコいい、可愛いと思えば、そう伝えれば良いのです。
好きになりそうなら、付き合ってみないかと早い段階で聞けば良いのです。

兎にも角にも少しでも早く相手に気持ちを伝えることが、気持ち悪くならない最善の方法です。

そして、気持ちを伝えた後は、お互いの気持ちやタイミングが合えば、自然に関係は進展していきます。もっと好きになれば「もっと好きになった」と伝えれば良いのです。素直に自分の気持ちを早い段階から伝えていくことで全てが上手く進展していきます。

「最初は好きになるかもと思ったけど好きにならなかったらどうするの?」と思うかもしれませんが、たとえ好きになれなくてもそれで良いのです。相手は沢山のいるのですから何度でもやり直せば良いのです。

気持ちを伝えても相手との距離が縮まらない場合は諦める

早い段階から相手に対して積極的に気持ちを伝えたものの関係が進展しない場合は、相手があなたとの距離を保とうとしていると考えて間違いありません。

要するに「これ以上は近づかないで欲しい」距離をキープしようとしているのです。

そんな場合には、さっさと見切りをつけて潔くその恋を諦めてしまうのが正解です。

人にはそれぞれ相性というものがありますから、早い段階で気持ちを伝えたからと言って、全てが上手く進展する訳ではありません。可能性の無い恋を追い続けるよりも、新しい恋に可能性を求めた方がよっぽど幸せになれるのです。

いわゆる失恋ではありますが、早い段階で気持ちを伝えることが出来ていれば、深追いすることもなくダメージも少ないので、あっさりと次のターゲットに気持ちをシフトさせることが出来るのです。

相思相愛になる方法まとめ

世の中の恋愛上手な人は、長い片想いをして苦しんだりしません。
何故ならば、相手のことが気になる存在だと思った時にはすぐに相手に気持ちを伝えてしまうからです。

そこで相手に少しでも脈があれば、どんどん積極的にアピールしていくだけで恋人関係になれるのです。逆に相手の反応がなければ、それはそれで次の恋に進むのです。

要するに恋愛上手な人は恋の見極めが非常に上手なのです。
そうすることで、自分が好きな相手からも自分のことを好きになって貰えて相思相愛の関係になれるというわけです。

恋を上手く進展させていくための鉄則
● 好きな気持ちは早い段階で積極的に伝える
● 相手の反応が悪ければ深追いしない

この二つをしっかりと意識し、実践できれば好きな人に好きになってもらえる日もそう遠くはないはずです。

上手く行く恋は自然に展開していく

-モテるための基本
-

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.