モテるためのテクニック

自然な感じでデートに誘う方法

更新日:

15060_5

勇気を出して気になる相手に連絡して「今度どこかへ遊びに行こう!」と誘って、ようやく念願のデートにこぎつける事ができたとする。

そして、遊んで、食事して、お酒なんかも飲んだりして、楽しい時間を過ごして「じゃあ、また連絡するね」なんて言いながらバイバイ。

次の約束はまだしてないけど、また連絡すれば、きっと遊べるだろう。もしかしたら相手の方から次のお誘いが有るかもしれない。

そんな淡い期待をしてみたりするものの、現実は、自分が連絡しないと相手からの連絡はいつまで経っても来ない、というのがモテない人の常である。

もしも相手からデートに誘ってくれたり、頻繁に連絡が来るようになれば、相思相愛モードで、何の躊躇をすることもなく、後はそのまま流れに乗って、お互いノリノリでデートにも出かけられるのに、なかなかどうして、現実はうまくいかないものである。

ちょっとした駆け引きをしてみるかのように、連絡を自分から取りたい気持ちをグッと我慢して、相手からの連絡を待ってみるものの、いつまで経っても連絡は来ないから、我慢出来ずに自分から連絡をとってみようとしてみるものの、肝心な事をなかなか切り出せない。

「今度は◯◯に行ってみない?」

たったこれだけのことなにに、なかなか切り出せないものである。

せっかく相手とデートできるくらいの仲になれたのに、「自分の事をどう思っているのか」がはっきりしない時は、何かと不安もつきまとうもので、相手の気持ちが分からなくなってしまう。

相手の気持ちが分からないから、次に自分がどうすべきかが見えてこない。

考え過ぎると「遊びに誘って迷惑じゃないのかな?」「しつこいと思われないかな?」など、いろいろマイナスな事も考えてしまうものである。

考えれば考えるほど、不安な気持ちはどんどん大きくなり、次のデートを切り出すのに大変な勇気が必要になってしまう。だから、断られてもすぐに切り返せるような言い訳を用意したりして、相手に気持ちを悟られ無いように隠してしまったりする。

せっかく良い関係になれそうなのに・・・これでは勿体ない。

予定を立てるようなデートは長続きしない

予定をきっちりと立てて準備するような一大イベント的なデートは楽しい。例えばディズニーランドなどの遊園地や、話題の映画を観に行ったり、花火大会なんかも良いかもしれない。

大きな催しや、楽しい場所を理由にデートは相手を誘いやすいし比較的有効な手段である。なので、大きな予定を無理矢理に計画してみたりして相手を誘う、ということをしてしまいがちである。

しかし、大きな催しはお金もかかるし、そんなに頻繁に開催されているものではない。なので毎度毎度でネタを探しているうちに自分自身が疲れてきてしまう。

そしてそういうデートを繰り返していると、いつもデートに誘うには大義名分が必要になり、普通のカップルがしているような、ただ街をブラブラするだけの「ブラブラデート」には誘えなくなってしまうのである。

最初の頃はそれでも良いのであるが、ストレスや負担を感じるようになるものは長続きしないのが常で、そのようなデートを繰り返していれば、遅かれ早かれで恋は成就しないのである。

普通でなくなれば恋が成就する可能性が低くなる

自然に相手をデートに誘うために必要なこと

一般的なカップルは次のデートの予定について、どちらか一方だけがプランを考えて、次は遊びに行く場所を決定するなんて事はほとんどしない。

何故なら、どこへ行くか、何をするかは一緒に考えるものだからである。それが一番自然で、一番楽しめる。

そしてそれがいつ決まるのかは、日常の会話の中で決まるのである。

例えば、友達との会話の中で、美味しい食べ物の話や、何かのイベントの話題になる事があるはずだ。

「ラーメンといえば、あそこがウマいらしいよ」とか
「美味しいバスタが食べたいなあ」とか
「今年の花火は多摩川がすごいらしいよ」など。

会話というものは、基本的に「情報交換」なのだから、特に何かを考えて話をしなくても、上記のような会話の中でいろいろな内容の情報を自然と交わしているのである。

そして
「じゃあ、こんどウマいラーメンを食べに行こう」とか
「美味しいパスタと言えば、あそこのイタリアンが最高だよ」とか
「花火みたいよね?一緒に行かない?」などという感じで、話の流れに乗じて予定は自然と決まるものなのである。

デートの予定は一人で考えるものじゃない。
2人で考えるものだ。

相手のOKが取れたなら「調べて後から連絡するね。」と締めくくれば良いだけである。

そこで社交辞令で終わらせないコツも教えておこう。

締め切り期日が有るか無いかで、行動するか否かが決まる

人は、何かの予定を立てても、それがいつ実行されるのかが決まらないことには具体的な行動を起こさない。

ところが、日程が決まると、それに向けて準備をしたり、詳細な予定を立てたりするものなのである。

つまり、「何を」「どこで」「いつ」ってのを決めてしまえば、体調不良などのドタキャンが無い限りは、確実に実行に向けて前へ進んでいくのである。

例えば、花火を一緒に見に行く事に決まったら
「じゃあ、8月の中旬くらいに花火大会が無いか調べてみよう。7月中には連絡するね」
という具合に、期限を決めてしまえば良いのである。

そうするだけで、話はどんどん具体的になっていく。

-モテるためのテクニック

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.