モテるための法則

好きな人に好かれたいなら意識して好かれようとしてはいけない理由

更新日:

好きな人に好かれようとしてはいけない

好きな人に好かれようとして優しくしてはいけません。
好きな人に嫌われたくないからと普通の人に対してしないようなことまでしてはいけません。

好きな人に好かれようとすると駄目になる

好きな人に自分のことを好きになってもらいたい、あるいは、好きな人から嫌われたくないために他の誰かに接する時よりも優しく接したり、普通の人に対してはやらないことまでやってしまうことがあるかと思います。

好きな人に好きになってもらいたいと誰しもが思うもので、自然な気持ちです。

しかし、好きな人から好かれたいがために相手に優しくしたり、何か特別なことをするのであれば、それはあなたの恋を崩壊させて駄目にしまうことになるので、注意が必要です。

優しく親切にした結果、好きな人から「いい人」と思われることはあっても、それ以上の関係に進展することはほとんどありません。

せいぜい、都合の良い存在になれるくらいで、大抵の場合はいい人止まりで終ってしまうのです。

好きな人に好かれようとしてはいけない理由

優しさや親切の裏側に見え隠れするもの

好きな人から好きになってもらいたい、好きな人に嫌われたくないという気持ちで相手に対して親切にしたり、尽くしたりしても、あなたのことを好きになってはくれません。

何故ならば、好きな人から好きになってもらいたい、好きな人に嫌われたくないと考えて相手に対して親切にしたり、尽くしたりするような行動は、本当に相手のことを思っての行動ではないからです。

好きな人から好かれようとする行為の裏側にあるものは、好きな人に気に入られたいという気持ち、あるいは好きな人に嫌われたくないという気持ちで、人としての愛情から優しく親切にしているわけではないからです。

要するに、それは自分の株をあげる為、自分の地位を守るための行為なので、表面的には相手に尽くしているようであっても、結局は自分の事しか考えていない偽りの優しさと言えるでしょう。

見返りを求める行為は相手の気持ちを遠ざける

好きな人から好きになってもらいたい、好きな人に気にいられたい、好きな人に嫌われたくないというような思いで相手に優しくしたり親切にしたりする行為の裏側には、相手に対して「自分のことを好きになって欲しい」「これだけ尽くしているのだから好きになるべきだ」というような見返りを求める気持ちが見え隠れします。

そして肝心なのは、その気持ちは確実に相手に気持ち悪さとして伝わるということです。

人は下心や不純なもにはとても敏感で、それを受け入れてしまうと、その瞬間、何か得体のしれないズッシリとした重たい気持ちになることを知っています。

本当に優しく親切な人は誰にでも優しく親切

優しさや親切心は人として大切なものであって、誰かに好かれるために必要なものではありません。

本当に優しく親切な人は、好きな人以外にも優しく親切にすることができます。けして好きな人だけに偏らず、相手が誰あれ分け隔てなく優しく親切にできるのです。

だからこをその優しさはサラリとして心地良いものとなり、その心地の良さに人は心を動かされるのです。

しかし、見返りを求めているうちは自分の損得ばかりを考えているので、好きな人以外が困っていたとしても優しくする理由(点数稼ぎする意味)が無いので、せいぜい言葉をかける程度で、行動は伴わないません。

好きな人に好きになってもらうために何かをするということを繰り返していると、相手が自分を好きになってくれるかどうかが全ての行動の基準になるのです。つまりは、損得だけで動くようになってしまうのです。

そういう姿や行動を人は必ず見ているものです。
見ているからこそ、あなたの優しさや親切には裏があり、受け入れれば重たいものだと知っているから、あなたが好きな人はあなたのことを好きになったりはしないのです。

本当の優しさは見返りを求めたりはしません。

見返りを求めるてしまうのは、相手のことより自分のことを大切に考えているからこそなのです。

本当の優しさには見守られているという安心感があります。しかし下心のある優しさにあるのは監視されているというネットリとした気持ち悪さなのです。

本当の優しさを身につける方法

好きな人に好きになってもらいたいという気持ちで行動すれば、どうしても見返りを求めてしまうようになります。

必然的にその行為はネバネバとした粘着質なものになるでしょう。
相手にとってそれは、重たいもの、息苦しいもの、鬱陶しいものなのです。

その結果、相手はあなたの優しさを敬遠するようになり、あなたとの距離をおくようになってしまうのです。

プレゼントや贈り物、日常の挨拶などでも全て同じです。

見返りを求めた時点で優しさや気遣いは、相手を喜ばせるもの、相手との関係を深めるものとは正反対の異質なモノになります。

それに気づかず、その行為を積み重ねていくことで、相手は徐々にあなたとの距離を置き始め、やがては触れられない存在となってしまうのです。

つまりは、好きになってもらいたいがために何かをすると、そこには必ず下心が付きまといます。下心が付きまとえば、その行為は気持ち悪さとして相手に伝わります。そして好きな人はあなたから離れてしまうのです。

だから好きな人に好きになってもらおうとしてはいけないのです。

相手の幸せのみを考え、本当の意味で相手のことを大切に思えるようにならなくてはいけません。

自分のことよりも、相手のことを大切に思えるのが愛です。
愛はとてつもなく暖かいのです。
暖かいから人は心を開けるのです。
その中に身を預けて全てを委ねたくなるのです。

そうしなければ誰もあなたのことを好きになったりはしないでしょう。

好きな人に愛を真っすぐに伝えましょう。
そうすることで真っすぐな愛があなたにも返ってくるようになるはずです。

-モテるための法則

Copyright© モテ鯨式恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.