片想いからの脱却

誰かを一途に想い続ける片想いをしてはいけない理由

更新日:

誰かを一途に想い続ける片想いをしてはいけない理由

この章ではその間違った恋愛の価値観の1つである「一途に誰かを愛し続ける美しさ」の罪について解説したいと思います。

世間一般の価値観で考えれば成功者のやり方は間違った方法に見える。
そして居心地の良い多くの庶民のやり方こそが正しいと信じてしまう。
だから、誰も成功者と同じ方法を実践しようせずに失敗してしまう。




好きな誰かを思い続ける一途な気持ちは「ピュア」で「純粋」で美しいなどというデタラメ

好きな誰かのことを一途に思い続けることは、世間一般の恋愛の価値観では、とても美しく、素晴らしいことであるかのような評価をされています。

だから、諦めずに一途に思い続ける気持ちは美しいとされるし、一途に想い続ければ、いつの日か気持ちは相手に伝わり、受け入れられる日が来ると信じて、また相手のことを思い続けるのです。

それが物語やおとぎ話ならば美しいのかもしれません。
しかし現実世界では美しさとは全くかけ離れたものなのです。

一途な片想いはキモいだけである

世間一般の恋愛の価値観で考えれば、物語やおとぎ話と同じく、一途に誰かを想う気持ちはとても美しいもののように思えます。

人を好きになることは素晴らしいこと、だから簡単に諦めたりはせずに、この愛こそが私にとって真実の愛だと信じて、想いが届かなくても一生好きでい続けると心に決めて、何年もの長い間、好きな相手のことを想い続けているような人が世の中には沢山います。

そして、ひた向きに誰かを愛すそんな一生懸命な姿を見れば応援したくなったりもするので「頑張れ!諦めたら終わり!」「いつかきっと報われる!」励ましたり「もっと気持ちを伝えた方が良いよ」「もっと積極的に行動すべきだよ」などとアドバイスする人も沢山いるわけです。

一般的な恋愛の価値観で考えれば、ひた向きに相手を想い続ける人に対しては「無駄だからさっさと諦めろ」とはなかなか言えないのです。

しかし、一途に相手を思う気持ちが美しいのは相思相愛の時だけに限られます

例えば、夫婦のような関係になれば、お互いがお互いを一途に愛する気持ちはとても美しく、カップルとしての最上の完成形とも言えると思います。

しかし、片想いのように一方的に相手を想い続ける気持ちは、それがどんなに強く真っすぐな気持ちであっても、そしてどれだけ長い時間、想い続けたとしても、それはけして美しくはありません。残念ながらそれが事実なのです。

片想いの一途な気持ちは「キモい」だけである。

興味の無い相手からひたすら想われ続けるほど重いモノはない

自分を「誰かから好意を寄せられる」当事者として考えてみればそのことがよく解るはずです。

興味の無い相手から想われ続けることはとても重たく感じるモノなのです。それが理解できれば一途な片想いがけして美しいものではないということがすぐに理解できると思いますがいかがでしょうか?

繰り返しますが、興味の無い相手から想われ続けることは精神的に重いのです。

しかもその相手が簡単に諦めずに、何度も何度も積極的にアプローチをしてくる時などはなおさらで「お願いだから諦めて」という気持ちにさえなってしまうものなのです。

それなのに一途に相手を思い続ける人に対して世間の人は「もっと気持ちを伝えた方が良いよ」「押しの一手で頑張れ!」とアドバイスしてしまうのです。想われる当人からすれば「おいおいちょっと待ってくれよ!」と思わず言いたくなるような的外れなアドバイスなのです。

一途に誰かのことを想い続ければ続けるほど、どんどんキモくなる。

一途に誰かを想い続けると何故キモくなってしまうのか?

一途に誰かを想い続ければ続けるほど、人はどんどんキモくなっていきます。

何故ならば、一途に相手のことを想い続けることは、知らず知らずのうちに自分自身に暗示をかけているのと同じで、どんどん思い込みが強くなるのです。

自分が「好きな相手の姿」を考え続けることによって相手の正しい姿が見えなくなってしまうのです。そして「あの人はこうだ」「あの人はきっとこうにちがいない」「あの優しさは特別なものだ」などと、在りもしない理想像に相手を嵌め込もうとするようになってしまいます。

あなたは四六時中好きな人の事を考えて、その人の事を誰よりもよく知ったつもりでいるかもしれませんが、実はそれはあなた自身が勝手に作り上げた理想の像であり、本当のあの人とは全く違ってしまっているのです。

簡単に諦めないのは、相手のことを想い続ける美しい心からではなく、自分の中で創り上げた理想の相手が、いつか自分を受け入れてくれると信じ込んでいるから諦められないだけなのです。

長い時間誰かの事を好きでい続けると、存在しない像を愛するようになってしまうのです。そんな恋が叶うはずがありません。叶うどころか、あなたが積極的になればなるほど、ますます相手の気持ちがあなたから離れてしまうのです。

あなたが好きな人に会いたいのは相手の為ではなく自分のためです。あなたが好きな人と一緒に居たいのも相手の為ではなく自分のためです。あなたが好きな人と何かしたいのも相手の為ではなく自分のためなのです。

そんな自分の気持ちばかりを優先させた片想いを続けていると、相手が明確に拒否のサインを出しているにも関わらずあなたにはそれが見えなくなります。そして相手の気持ちなどお構いなしで、自分のためだけに相手に気持ちを伝えようとするのです。

その成れの果てがストーカーです。




正しい価値観で正しい努力をする

一般の恋愛の価値観で正しいと評価され、実践されていることの多くは、大抵の場合、間違った価値観で歪められてしまっています。

しかし、モテない人にはそれが理解出来ません。
モテるための視点から考えれば、可能性の無い恋はさっさと諦めた方が良いとアドバイスするのですが、モテない人は「この恋は簡単に諦められるような、そんな中途半端な恋じゃない」とか「簡単に諦められるくらいなら恋なんてしない」などとラブソングの歌詞のような反論したりして増々キモくなっていくのです。

モテる人は一途な片想いをしません。
好きな相手のことを一途に想い続けるようなことは絶対にしないのです。

なぜならば、モテる人は自分に気がない相手と解るとすぐに見切りをつけるからです。早々に見切りをつければ深追いすることがありませんから、スムーズに次のターゲットへと気持ちを切り替えることができます。

好きになられる立場からしてもいつでもアッサリとしているので、自分の事を好いてくれてたんだなというくらいの好印象で留めることができ、相手からもキモいと思われることがありません。

重要なのは相手からキモいと思われないという点で、相手からキモいと思われなければ、その相手との可能性もまだ延々と残されていくのです。それどころか一度は気持ちを伝えているので相手の方が逆にあなたに興味を示すようになるパターンも出てくるのです。

そしてモテる人は、自分に興味が有る、満更でもないような相手に対しては、かなり早い段階で積極的に気持ちを伝えるのです。そうすることで無駄な片思いの期間は無くなり、相手に対して気持ちをサラリと伝えることができます。そこから一気に恋人関係へと発展させていけるのです。

これがモテる人の実践する方法であり、最も正しいモテるための方法なのです。

いや、そんなに早く相手の事を好きかどうか判断出来ない・・・と思うかもしれません。それで良いのです。間違っていれば切り捨てれば良い。それだけです。

何度も繰り返しますが、一般的な恋愛の価値観で正しいとされているものの多くは間違っています。だからモテたいと思ったあなたがすべきことは、今までの間違った価値観を一度捨ててしまう必要があります。そしてモテる人達が実践している方法を実践すべきなのです。

間違った価値観で間違った方法で努力をしてもモテモテにはなれない。
正しい価値観で正しい努力をすればこそモテモテになれる。

モテるためのポイント

● 世間一般に正しいとされる恋愛の価値観を信じない
● モテる人が実践している方法こそが正しい方法
● 一途な片想いはキモいだけなのですぐにやめる
● 正しい努力をすれば必ずモテるようになる
● 間違った努力をすればモテなくなる

-片想いからの脱却
-

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.