モテるための法則

自分の話しか出来ない人はモテない必要なのは共感力

更新日:

自分の話しか出来ない人はモテません。
それが例えどんなに面白い話でも、含蓄のある為になる話でも、自分の話しか出来ないような人はモテないのです。

何故ならば、自分の話しか出来ない人は、自分のことしか考えていないからです。

では、モテるために必要なのは何か?
それは共感力です。

自分の話しか出来ない人がモテない理由

どんな話題でも「僕は」「私は」と常に自分中心の話にしてしまうような人がいます。

他の人の話が聞けず、いつも自分のことを話しておかないと気が済まないような人です。

本人は話題を踏まえて自分の経験談を話しているだけのつもりだったりしますが、そのような人は周りの人にはから不快に思われていたりするのです。

というのも、何でも自分の話にしてしまうような人は、本人が意識している、いないに関わらず、常に自分をアピールしようとするクセがついてしまっているからです。

本人は気付いていないことも多いのですが、自分の話ばかりしてしまうその裏側には、自分のことを解ってもらいたい、自分のことをもっと知って欲しいという「かまってちゃん」的な部分があるのです

何を話すにも自分自分になってしまうのはそのためで、自分のことをアピールすることで頭がいっぱいで、周りを全く見ていないのです。だけら、知らず知らずのうちに人を不快にさせていても全く気がつかないのです。

よくある例としては
人の話が終る前に「僕も」「私も」と自分の話を始めてしまい、最初に話を始めた人の話の腰を折ってしまったり、自分に関係のない話やよく知らない話が始まると、あからさまにつまらなそうな態度をとってみたり、話題を変えようとして、全く関係のない話をしはじめたりするなどがあります。

そこには、いつも自分が注目されていたい、自分の価値を誰かに認めてもらいたいという気持ちがあり、自分以外に注目が逸れることが不安でしょうがないという、強迫観念のようなものがあるのかもしれません。

しかし、多くの人はそのような「かまってちゃん」を敬遠します。
自分のことしか考えていないので一緒に居ても楽しくないのです。
周りのことが見えていないため、その場の雰囲気を壊してしまうことも多く、面倒で不快な存在だったりするのです。

一生懸命に自分をアピールすればするほど、その思いとは裏腹に周りから人が居なくなってしまうのにはそのような理由があります。

モテるために必要なのは人と何かを共感出来る共感力

人は一緒に共感出来る人を好きになる

人は価値観を共にして、いろいろなことを共感出来る人を好きになります。

どんな話でも楽しげに話を聞いてくれる人や、一緒に何かを共感出来て楽しい時間を過ごせる人を好きになるのです。

大笑いするだけが共感ではありません、時には一緒に涙を流したり、悩みや苦しみを分かち合うことも共感です。同じ気持ちをシェアしあえることは結果として幸せに繋がるのです。

ところが、自分の話ばかりしたがるような人や自分の興味の無い話が聞けないような人は、徹頭徹尾、自分のことしか考えていないため、誰とも何かを共有することが出来ないのです。

そういう人と過ごせるのは上辺だけの楽しい時間で、お互いに求め合うような 素晴らしい関係を築くことが出来ません。そんな人のことを誰も好きになったりはしないのです。

人は一緒に何かを共感出来る人を好きになります

恋愛だけではなく、人付き合いにおいてもこの鉄則を忘れてはいけません。

自己アピールするだけでは誰かと何かを共有することは出来ません。
相手の気持ちを考え、時には自分自身を犠牲にできる姿勢が必要なのです。

自分中心の考えを捨て、共感力をつけることがモテるための絶対必要条件と言えるでしょう。

人にイヤな思いをさせる人は好かれない。

-モテるための法則

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.