モテるための基本

積極的な普通の人ほど恋人ができやすい

更新日:

どうすれば恋人ができるのか?
そんな質問がたくさん僕の元には寄せられてきます。

僕は積極的な普通の人になりなさいと答えます。

世間一般的には個性の無い普通の人よりも個性があって目立つ人の方がモテると思われていますが、恋人をつくるのに個性的である必要はないのです。

むしろ無個性な人の方が恋人ができやすいのです。

個性が有って目立つ人の方がモテるという嘘

個性=魅力というわけではない

世間一般的には個性が無い人よりも、個性が有って目立つ人の方がモテると考えられています。むしろ異性に相手にされるには個性がなければいけないと考えられているくらいです。

事実、中学生や高校生の頃から、走るのが速い人や、歌の上手い人など、何かが秀でて目立つ人がモテるという現実があるわけですから、異性にアピールするためには個性が必要だと思ってしまうのも無理はないことかもしれません。

特に、誰もが憧れるような芸能人やスポーツ選手などは、強烈な個性を持っている人達ですから、彼らのように異性から持て囃されるには、他の誰よりも秀でた特別な個性が必要だと考えてしまいます。

しかし、実際には個性が有ればモテるというものではありません。
つまり、個性=魅力ではないのです。

スーパースターになれるのは一握りの選ばれた人

確かに芸能人やスポーツ選手などは強烈に輝く個性の持ち主で、多くの人が憧れる特別な存在ですから当然多くの異性が群がることになります。

拒んでも拒んでも波のように次から次へと相手が寄って来るのがスーパースターなので、実際にモテてモテてモテまくります。恋人を作ろうと思えば、電話一本で誰かと付き合い始めることだって簡単に出来てしまうような人たちなのです。

ということは、何か一つでも秀でた才能や個性を身に付けることが出来れば、スーパースターのようにモテモテになれるんじゃないかと考えたくなりますが、そう上手くはいきません。

何故ならば、私たち凡人がスーパースターを目指して努力をしたとしてもスーパースターにはなれないからです。

突出した強烈な個性があるだけでなく、その個性が多くの人に受け入れられるモノでなければスーパースターにはなれないのです。スーパースターには一握りの選ばれた人だけがなれるからこそスパースターなのです。

例えるならば、アイドルやスポーツ選手などはカレーのような存在です。

カレーは強烈な個性が有るにも関わらず多くの人から愛される特別な存在です。しかし誰もがカレーのようになれるわけではありません。カレーほどの強烈な個性のある食べ物は他にもありますが、多くの場合、その好き嫌いは分かれるはずです。

カレーのように強烈な個性がありつつも多くの人から愛される、スーパースターとはそういうものなのです。

多くの場合は個性が有るとモテなくなる

個性が有れば時としてそれは強力な武器にもなり、スーパースターになれる可能性を秘めています。

しかし個性があればモテるというわけではありません。
個性=魅力ではないからです。
むしろ多くの場合、個性は人をキモい存在にしてしまうため、個性的になればなるほど異性から拒絶される原因になるのです。

つまり、個性とはクセのある食べ物のようなもので、ただ単に個性が強いだけでは、それが原因でモテなくなってしまうのです。

しかし残念なことに多くの人はそれに気が付いていません。
多くの人がスーパースターのように振る舞えばモテるようになると信じて、スーパースターと同じようなファッションやヘアースタイル、果ては仕草や言動までもを真似てスーパースターの個性にあやかろうとします。

しかし残念ながら、私たち凡人がそんなことをしても増々モテなくなってしまうだけなのです。




個性の無い普通の人ほど恋人が出来やすい理由

個性の無い普通の人は白米のような存在である

個性の無い普通の人は、スーパースターのように多くの人から熱狂的に好かれることはありません。居ても居なくても同じような存在で毒にも薬にもならないのです。

しかしそれと同時に、強烈なアンチが付くこともありません。

誰からも相手にされない人のようで寂しい気もしますが、裏返して考えれば、個性の無い普通の人は誰もが好き嫌い無く受け入れられるニュートラルな存在でもあるのです。

ニュートラルな存在とは、言わば毎日食べても飽きることのない白米のようなものです。

カレーやラーメンのように強烈な個性で人々を魅了することは出来なくても、多くの人が好き嫌いなく食べられるのが白米です。

つまり、最も自由で、最も受け入れられやすい白米のような存在こそ、私たち凡人が目指すべき場所なのです。

人は無個性な人を拒む理由を持てない

個性の無い普通の人ほど恋人が出来やすいのは、普通の人ほど拒絶される要素が少ないからです。

個性の無い普通の人に対して人は拒絶する明確な理由を持つことが出来ません
だから個性の無い人はどこにでも馴染んで誰からも受け入れられるのです。

下手に個性的だとそれが拒絶する理由になります。
その個性をどうしても好きになれない理由にされたりもするのです。

しかし個性の無い普通の人に対してはは好きになれない理由が見つけられません。
好きな人に告白してもしも断られたとしても、それはまだ親しく無いからとか、今は他に恋人が居るからとか、他のことに理由を求めるしか無いのです。

なので告白し一度断られたとしても、本人が拒絶されているわけでは無いので、適切な距離感を保ちながら、何度も気持ちを伝えることで、徐々に相手との距離を詰めていけるのです。

白米のように個性の無い普通の人でしか出来ないことなのです。

個性の無い普通の人は拒絶されない無敵の存在

個性の無い普通の人はフラれても何度でも告白できる

世の中には何度もフラれても諦めずに告白し続けて、最終的に恋を成就させる人と、ストーカー化してしまう人がいます。

同じようにアピールしているにも関わらず両者で大きな差が出てしまうのは、相手から拒絶されているか、拒絶されていないかなのです。

個性の無い普通の人は、拒絶されない存在なので、自ら恋を諦めて見切りをつけない限り、相手にアタックできる可能性が残されます。

告白してフラれたとしても、よくある玉砕パターンのように相手との関係自体が終わりになってしまうようなことがありません。

何度でも相手に好きという気持ちを遠慮無しに伝えられ相手の気持ちを揺さぶり続けることができるのです。

それが個性の無い普通の人だけが持つ特権です。

ところが個性が有る人が何度もアピールすると、そのたびに相手からどんどん拒絶されるようになります。それはその人自体に対して拒絶する理由が見つけられるからです。

なので、個性の有る人が諦めずに告白し続けると、やがては完全に拒絶されて音信不通になるような最悪の結果を招いたりするのです。

最悪の場合はストーカー化してしまうので、個性の有る人が振られた場合は、諦めて次の恋を探すしか方法がありません。

多くの人は個性の無い普通の人を拒む理由を持っていない

積極性があれば個性の無い普通の人には恋人がすぐにできる

相手に嫌がられたり拒絶されたりすると恋は叶いません。
拒絶されないことが恋を成就叶えるための最低条件なのです。

そのためには個性の無い普通の人を目指すのが、我々一般人にとっては最も確実で簡単な方法になります。

キーポイントは積極性

もちろんご存知のように無個性で普通の人がただじっと待って居ても相手からアピールしてくることは滅多にありません。

大切なのは無個性で普通でありながら、積極的に行動することです。
積極的に相手に話しかけ、連絡をすることでチャンスや可能性がどんどんと大きく広がっていきます。

無個性と積極性こそが恋人を作るための最大の武器となるのです。

もちろん、個性が有っても、相手がそれを受け入れられるようであれば、それは拒絶される理由にはなりませんし、魅力的な部分になることもあります。

しかしそれが受け入れられるかどうかは運次第というところもあるので、個性が有る人よりも、個性の無い普通の人の方が、より確実に恋を成就させられるというわけです。

以上が、モテるために個性は必要では無い理由です。

-モテるための基本

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.