モテるためのテクニック 会話編

LINEやメールの恋愛テクニック

更新日:

気になる相手に連絡を取りたい。と思った時に便利なのがメールやLINE。

電話番号などよりもメールアドレスやLINEのIDの方が聞きやすいし、メッセージを送信する前に、じっくり内容を考えられたりするし、タイミングなどもあまり考えなくて良くて、精神的にも連絡しやすい。

そんなわけで、気になる相手にメールやLINEを使って連絡をしてみたものの、相手とののやりとりは数回で終わってしまう・・・

本当は、いつまでもだらだらとやりとりしたいし、本当に伝えたい核心に触れるような事を聞き出したり、遊びやイベントに誘ったりしてみたい。

しかし、いきなりそんな話題では不自然だし、相手に気持ちを悟られてしまいそうなので、何度かやりとりをする中で自然に切り出したいと考える。

何度も勇気を出してメッセージを送ってみるけれど、いつも同じ。数回のやり取りで終わってしまう。

何故、メールやLINEでのやりとりが続かないのか?

相手にプレッシャーを与えてはいないか?

相手とのやりとりが続かない人はメールやLINEを連絡手段や挨拶の手段にしていないか考えてみて欲しい。

例えば
「今度の飲み会は△日らしいね!?」とか
「この前カラオケで歌ってた曲って何て曲?」とか
「待ち合わせの時間教えて!」とか

理由もなくメッセージを送ってしまうのは気が引けて、何か適当な理由を見つけてメッセージを送る。それが一番自然だろうと考えたりしてね。

しかし、そういうメッセージを送ってしまうと、最初の用件に関する問いがそのやりとりのメインの内容になってしまうため、返事はその問いに関しての答えだけで、あえなくやりとりは終了してしまう。

こういうメッセージを送る時は、相手に気持ちを悟られたくないような「逃げ」の姿勢であるため、良い結果をもたらさないのである。しかもこういうメッセージは相手に対して何らかの答えや返事を求める内容になってしまう。そうすると相手に「返事を返す義務」を負わせてしまうため
、メッセージを受け取る側からすると、あなたからのメッセージ自体が重荷になってしまうのである。

相談メッセージを送ってはいけない

用件を含めて送るメッセージは相手が「返信する義務」を負うことになるので、度重なれば疎ましく思われるのは時間の問題であるが、その中でも最悪なのは相談事を含んだメッセージである。

相談メッセージ、これほどタチの悪いものはない。

何故ならば、受け取る側は陰気な気分にさせられるし、返事をすぐに返さなきゃいけないというプレッシャーを感じるのである。一度や二度の相談メッセージなら誰しもが送ったり送られたりするわけなので許容範囲であるけれど、とかく理由をつけないとメッセージを送れないような人は、このよう相談メッセージを送ってしまいがちなのである。

そんな相談メッセージを繰り返し送り続けていたらどうなるか?
受け取る側はもうあなたからのメッセージというだけで、内容を見る前から重たい気分にさせられる。普通ならあるはずの、メッセージを開いて読む楽しみがないのである。そのうち返事すら返って来なくなってしまうだろう。

バイバイの後にはメッセージを送ってはいけない

次にやってしまいがちなのが「挨拶」である。
挨拶のメッセージを自分から相手に送るのも良くないのである。

挨拶のメールとは、一緒に遊んだ後などに「今日は楽しかったね。また遊ぼう」とか「今日はおつかれさま」などの挨拶がわりのメッセージである。

誰だって気になる相手とは、できるだけ一緒に過ごしたいから、バイバイしてしまった後にも余韻が残ってしまい、ついついメッセージを送ってしまいがちである。しかしそれはモテる法則的にはあまりよくないのである。

その理由は簡単で、何故、バイバイをした後に余韻が残ってしまうのかを考えれば理解出来ることである。会っている時間に、充分なコミュニケーションがとれていれば、別れてすぐにメッセージを送りたいとは思わないものである。話し足りない事や、叶えられない欲求があるから、メッセージを送りたくなるのである。

逆に、相手はあなたとの時間に満足しているかもしれない。いわゆる「お腹一杯の状態」だったりする時だ。バイバイをして気持ちに一区切りついたそんな時に「今日は楽しかったね。また遊ぼう」なんてメッセージが来ても、お腹一杯の状態では次の予定なんてまともに考えようとは思わない。「楽しかったね、また遊ぼう」などのオウム返し的な適当な返事が返って来て、やりとりは続かない。

別れた後に余韻が残ってもバイバイした後には自分からメッセージを送ってはいけないのである。もちろん相手からきたメッセージには返事は出して良いのであるが、自分からはNGなのである。
もしもそれで相手からメッセージが来なくてもそれはそれで相手は満足していると思えばいい。とにもかくにも連絡を取るのは翌日以降にすべきなのである。

メッセージのやり取りを続けるためには

メッセージのやりとりを続けるためのコツは会話を意識すれば良い。
メッセージだって会話と同じでコミュニケーションツールの一つに過ぎない。会話にしろメッセージにしろ世間話ができてこそ、やりとりを続けられるのである。

会話を続けるためには何か特別な話術が必要だと思われがちだが、特別な話をする必要は無い。「今日は良い天気だから散歩。気持ち良い♪」
などの意味のない文章でも良いのである。

何故なら、こういう意味のない文章は用事を絡めたメッセージと違って、返事を返す義務がない。facebookやtwitterなどと同じように読みっぱなしでも構わないのである。このように返事を必要としないメッセージには受信する側からすれば、非常に楽なのである。

ハッピーメッセージを送ろう

気になる相手とのメッセージのやりとりで重要なのは、なんとなくハッピーな気分になれるメッセージである。

用件や意味など特に無くても良い、読んだ時に、なんとなくハッピーな気分になれる、そんなメッセージを送ることが大切なのだ。

つまり
「天気が悪くて、ジメジメするね」では駄目なのである。
「アジサイが綺麗な季節だよね」とか「雨のジメジメは嫌だけど、夜中の雨音って好き」など、何気ない日常でも、ウンウンと思えるような、少しポジティブで明るいメッセージを送るのである。

そういうハッピーメッセージなら、相手の気分も良くなりやすく返事が返って来る可能性も高くなる。特に盛り上がるような話題がなくても、日常会話的な、まったりとした内容でもやりとりを続けられる。

そういう、ちょっとハッピーになれるメッセージを送るように常日頃から意識しておくのである。しばらく続けていれば、やがてそれが日常になる。前向きで、ポジティブなメッセージを考えていれば、自分自身もそういうハッピーな気分になれるので相乗効果も期待できる。メッセージを考えながらあなた自身が癒されたりもするのである。

ハッピーなメッセージは開くいて読む楽しみがある。知らず知らずのうちにあなたからのメッセージを待ち始めるようになる。

ハッピーメッセージ
ポジティブな言葉
前向きな言葉
褒め言葉

-モテるためのテクニック 会話編

Copyright© モテ鯨式恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.