モテるための基本2

モテる男女が居座るモテモテゾーンと好みの仕組み

更新日:

人にはそれぞれ好みがあります。
一般的に「タイプ」などと言われているもので、好みのタイプにハマると一目惚れのように一瞬にして簡単に恋に落ちてしまったりすることもあります。

逆に考えれば、誰かの好みのタイプにハマることができれば、あなたのことを一瞬にして好きになってくれる人も現れるというわけです。

しかも、それは一人二人ではなく、あなたの努力次第では多くの人の好みにハマることができるのです。つまり、同時に多くの人から好かれることも夢ではありません。

あなたはその中からあなたの好きなタイプを見つけ出せれば相思相愛の関係にもなれるのです。

この章では、好みとは何か?そしてどうすれば多くの人の好みのタイプにハマることが出来るかを考えてみたいと思います。

好きになるタイプや好みとは

人それぞれに好みの範囲が違うから正解は無い

人にはそれぞれ好きになるタイプは異なります。
好みは完全に主観的な価値観のため、人それぞれにその範囲や趣向は全く異なるのです。

例えば、容姿やお金、性格、見た目、趣味、声色などいろいろな要素が好みには関係します。

人それぞれにストライクゾーンは異なるものなので、どのようなタイプを目指せば確実にモテるという正解はありません。

なので、一概に何をすればモテるとか、どんな人になれば良いなどという具体的なアドバイスをすることはできません。人によって答えが異なるからです。

人の好みは特定のジャンルに限定さるものではなく多元的

確かに見たやお金などを例に考えると、イケメンや美人など容姿が整った人は多くの人の好みにハマりやすいですし、貧乏人よりもお金持ちの方が多くの人の好みにハマりやすいと言えるでしょう。

ジャンルで絞り込めば容姿が整った人やお金持ちなどは価値観としても分かりやすく、極端に好みが偏ったりもしてしまいますが、前述したように、人の好みはとても多元的であり、様々な要素が絡み合うものなのです。

だから面食いを自称するような人でも容姿以外の要素で好みにハマれば、相手がたとえブサイクだったとしても好きになってしまうことだって十分に考えられることですし、けしてそれは珍しいことではありません。

実際に私の友人に「好みのタイプは福山雅治」だと言い続けていた女性がいました。しかし彼女が結婚したのは「浜田雅功」似の相手でした。

つまり、好みはけして1つのジャンルが優先されるわけではなく、様々な要素が絡み合って総合的なところで判断されるものなのです。

十人十色、ダテ食う虫も好きずきなどの言葉があるように、人の好みというものは人ぞれぞれに違うものですし、その時々のタイミングや気持ちで常に変化しているものでもあるのです。

好みの範囲とモテモテゾーン

それでは人それぞれの好みの範囲と、多くの人の好みが重なるモテモテゾーンについての解説をしてみましょう。

好みの範囲

好みの範囲

AさんとBさんを例に考えてみましょう。
上記の図はAさんとBさんそれぞれの特定の要素での好みの範囲を円で示したものです。

円の大きさは好みの範囲を表します。
例えばジャンルを容姿で考えた場合、Aさんの好みの範囲はBさんに比べて広いので、容姿に対してそれほどこだわりがないと言えるでしょう。逆にBさんは好みの範囲が狭いので面食いと言えるでしょう。

このように、好みの範囲は人それぞれに異なります。また同じ人でもそれぞれのタイミングや要素が異なれば全く違った好みの範囲となり、それらは常に変化しています。

AさんBさんの好みが似通っている場合

AさんBさんの好みが近い場合

AさんとBさんの好みが違い場合を考えてみましょう。

Aさん、Bさんの好みが似通っていると、好みの範囲を表す円の大きさも位置もほとんど同じになるため、二人の好みの範囲を表す円は多くの部分が重なります。

つまり、AさんとBさんは同じような人を好きになりやすいということになります。

こういう状態は容姿など単純で分かりやすい要素で好みを表した場合でよく見られるような偏りです。

例えば容姿がモテるモテないで非常に需要な要素になってしまう学生時代に一部のイケメンや美人に人気が集中してしまうのも、容姿に対する好みの範囲が似通ってしまうからです。

AさんBさんの好みが全く違う場合

AさんBさんの好みが全く違う場合

逆に、AさんとBさんの好みがまったく違うと、好みの範囲を示す円の大きさも位置も違うので円は重ならなくなります。

この場合、AさんとBさんが同じ人を好きになる可能性は低くなります。
お互いが好きになった相手を見ても「ふーん、そうなんだ。」くらいの感じですね。

好みの範囲にハマれば好きになってもらえる可能性が高くなる

好みの範囲にハマれば好きになってもらえる可能性が高くなる

Aさん、Bさん、そして異性のCさんが登場した場合、Cさんがどのポジションに立つかによって結果が変わるようになります。

AさんがCさんを好きになる

AさんがCさんを好きになる

CさんがAさんの好みのタイプにハマれば、AさんはCさんを好きになる可能性が高くなります。もしもCさんがAさんに対して何らかのアプローチをかけ続けていれば、きっとAさんはCさんのことを好きになるはずです。

一方でBさんの好みのタイプにCさんは入っていませんから、もしもCさんがBさんのことを好きでも、BさんはCさんのことを好きになることはありません。

恋人が欲しいと考えるならば、CさんはBさんよりもAさんにアプローチした方が恋人ができる可能性が高くなります。

モテる人

好きになる

Aさん、Bさんの好みの範囲が似通っている場合、好きになるタイプで共通の部分があります。そこにCさんがハマることができれば、CさんはAさんとBさんのどちらからも好きになられる可能性があるのです。

モテる人たちは意識するしないに関わらずで、複数の人の好みにハマる位置に居るために、複数の人から好きになられることができるのです。

モテない人

モテない人

CさんがAさん、Bさんの好みの範囲の外に居る場合、Cさんはどちらからも好きになられる可能性はほとんどありません。

モテない人はまさにこの状態で、誰の好みの範囲にもハマらない状態なのです。

モテるとは誰かの好みの範囲にハマること

要するに、誰かの好みの範囲にハマることさえできれば、その人から好かれる可能性が高くなるわけです。

ここでは好みのメカニズムをシンプルに説明するために、登場人物を3人に限定して説明してみましたが、実生活ではもっと多くの人が存在するわけですから、もっと多くの好みの範囲が重なりあっている状態になります。

なので、普通に暮らしてさえいれば、特に努力をしなくても誰かの好みの範囲に自然とハマるようになっています。

多くの人の好みが重なるモテモテゾーン

多くの人が集まれば好みの範囲は広大なものになる

多くの人が集まれば好みの範囲は広大なものになる

好みの範囲を円で表した時、その大きさや位置は人それぞれで全く異なります。人それぞれで好みの質は異なるものなのです。

世の中にはたくさんの人がいます。
そして人それぞれに好みの質は違うのです。

それぞれの好みの範囲を図に表してみると、それは非常に広い範囲で分布することになります。つまり、よっぽどの変人でもない限りは誰でも誰かの好みの範囲の中に収まってしまうのが普通なのです。

多くの人がの好みが集中するモテモテゾーン

多くの人がの好みが集中するモテモテゾーン

しかし容姿という価値観に絞った場合、イケメンや美人など容姿が整った人に好みは集中してしまう傾向があるため好みの重なりには偏りが出てきます。

重なりが多いほど多くの人の好みにハマるわけで、この部分がモテモテゾーンと言われるホットスポットになるわけです。

誰にでもモテモテゾーンに入れる可能性がある

自身のキモさを修正できればモテモテゾーンの中央に近づける

もしもあなたが自分自身の持つちょっとしたキモさに気付くことができて、そのキモさを努力によって修正し、キモい部分を一つ一つ消すことができれば、確実にモテモテゾーンの中央に近づけるようになります。

そして気持ち悪い部分を修正し続けることができれば、最終的にはモテモテゾーンの中央に居座ることだってできてしまうのす。モテモテゾーンに居座ることができれば、あなたに好意を寄せる多数の異性の中から自分のタイミングで相手にアプローチすることで、簡単に恋人関係になれるのです。

世の中には狙った相手は必ず落とす人や、恋人と別れてもすぐに新しい恋人を見つける人、相思相愛で簡単に恋人関係になれるような人がいますが、それらの人の多くは自身で意識するしないに関わらず、好みの原則を理解した行動をとっているのです。

モテモテになるための価値観は一つだけじゃない

この章では解りやすく説明するために容姿を一つの典型的なモデルとして例に挙げて説明してみましたが、モテるかモテないかを決定する価値観は一つだけではありません。

たとえ容姿・ルックス部門でモテモテゾーンに入ることができなくても、ファッションセンスや身だしなみ、他人への心遣いや愛情表現を積極的にするなどでいくらでもフォローできるのです。

ダイアグラムのようにそれぞれにモテモテゾーンが存在し、総合的な部分でもまたモテモテゾーンが存在します。

そして、自らのキモさを修正するための正しい努力を積み重ねることができれば、あなたは恋愛の勝ち組になれるはずです。

なので、容姿が最重要視された学生時代にモテなくて苦い思い出がある人も、社会人になれば容姿以外でも重要視されるポイントが多くなりますから、その他の部門で秀でることが出来れば、容姿が多少悪くても必ずモテるようになれるのです。

いずれにしても、モテモテになるためには、常に自分自身をチェックしてキモい要素がないかを確認し、なるべく早く修正することが重要なのです。

自分のキモさに気付ける人だけがモテモテゾーンの中心に居座ることができるのです。

今までモテなかったからと言って恋愛を諦めてはいけません。
新しい可能性を信じましょう。
正しい努力を続けることで必ず相思相愛の恋人を見つけることが出来るはずです。

-モテるための基本2
-

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.