モテる人になるための基本

誰からも好かれる人は居心地が良い人である

更新日:

楽しくて居心地の良い場所に人は集まる

人は本能的に楽しくて居心地の良い場所を求める。逆に、居心地が悪くて楽しくない場所から人は離れていくのである。

なのでモテるためには楽しくて居心地が良い人になれば良い。楽しくて居心地の良い人周りには自然に人が集まるようになるからである。

楽しくて居心地の良い人とは

一緒に過ごして楽しくて居心地の良い人は、気取らず、自然体で居られるような人である

相手に居心地が良いと感じてもらうために必要なのは、面白い話をするトーク術でも、お笑い芸人のような不自然なテンションの高さではなく、あなた自信が相手に対して心を開くことである。

何故ならば、人は心を開いてくれる人と一緒に過ごすと居心地が良いと感じるからである。それは心を開いてくれる相手と一緒にいると相手に何かを隠す必要もなく、相手を探る必要もないために、精神的に非常に楽だからである。

そして人は心を開いてくれる人に対して、同じように心を開くことができる。自分が相手に受け入れられているという安心感がそうさせるのである。着飾ることなく普段着の自分で接することができるのであればそれ以上に居心地の良いことはない。

これは恋愛だけでなく、人間関係においてもとてもとても重要なポイントである。

居心地の良さというのは、容姿や金銭的な価値以上に重要な要素で、居心地さえ良ければ容姿やお金の問題などは簡単にクリアしてしまうほど人間同士の関わりにおいては絶対的な条件なのである。

この人とならずっと長い時間居られる。
この人と一緒に居ると自然体でリラックスできる。
この人と一緒にいると安心できる。

そんな居心地の良さが人と人との関係には欠かせない。その条件さえ満たすことができれば、必死になって自分をアピールしたり、目立とうとしなくても自然と人が集まるようになるのである。

心を全開に開いて人と接する

自ら心を開かなければ誰も心を開いてくれない

人と接する時には着飾らず自然体で居ることが大切である。こちらが心を開かなければ相手も心を開くことができない。相手に心を開いてもらうためには自分から心を開くしかないのである。

しかし恋人がなかなかできな人の特徴として心を閉ざしていることが非常に多い。心を閉ざしているからこそモテないのであるがなかなかそれができない。

心を開くというのは無防備とも言える状態なのでとても勇気が必要な行為である。なので誰だって心を開くのは怖いと感じる。心を開いて傷つけられるのは辛い。しかし心を自ら開かない限り、人の心を開かせることはできない。

そのためにまず勇気をだして心をひらいて見ることである。心を開くことは怖いことかもしれない、しかし自分自身を自由にして楽にすることでもあるのである。心を開いて接していれば、あなたにとってふさわしい人が必ず見つかるだろう。

心を開くことのメリット

あなたを傷つけるような人は敵である。そのような人とは付き合いをやめれば良い。忘れてはいけないのはあなたを傷つけるような人ばかりではないということだ。まして相手があなたとにとって相応しい人であるならば、けしてあなたを傷つけたりはしない

逆に考えれば、あなたが心を開いた時にあなたを傷つけるような人は、遅かれ早かれであなたのことを傷つけるような人でそのような人とは良い関係を築くことはできない。心を開くということは、人間関係が深くなる前にあなたにとって居心地の良い人かどうかを判断できフィルターになるのである。

心を開くことで周りに人が集まるようになる

着飾ることなく自然体で接することができる人と過ごすのはとても居心地が良いものである。そしてその居心地の良さにその人のまわりに多くの人が集まるようになる。冒頭でも書いたように、人は居心地の良い場所に集まるからである。

心を開いて接しなさい。そうすれば自ずとあなたの周りにはあなたにとってふさわしい人がだけ集まるようになる。そして好きな人の心もあなた自身の努力で開かせることができるようになる。

相手の心を開かせるには、まず自分が心をを開けば良い

-モテる人になるための基本

Copyright© モテ鯨式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.