片想いからの脱却

その恋に可能性はあるのかの見極めのライン

更新日:

その恋に可能性はあるのかの見極めのライン

可能性のない恋は諦めなさい

もしもあなたが片想いをしていて、あなたと、あなたが片想いしている開いてとの関係が以下のような状態であった時、私はあなたに対して「早くその人のことは忘れて、新しい恋をしなさい」というアドバイスをすると思います。

今の恋を諦めて新しい相手を見つけた方が良い状態

● メールや電話はいつも自分からで相手からは来ない。
● メールでドキドキな質問した時の答えはいつも曖昧か無視で核心に触れない
● メールのやりとりが続かずに、すぐ終わる。
● 以前に比べて相手とメールや電話で連絡する回数が少なくなった。
● デートに誘うと何らかの理由で断られるか、誘い自体をスルーされる。
● 2人きりで遊ぼうとしない
● 最初は2人で遊んだりしてそれなりに良い関係だったが、最近は「忙しい」などの理由で遊べなくなった。
● 2人の会話が盛り上がらない。

何故、上記のような状態だと新しい相手を見つけた方が良いのでしょうか?
その理由はとても簡単で、そのような状態の時、その恋には何の可能性も残されていないからです。

そこからいくら努力を重ねても報われることはないので、早めに切り上げて、新しい恋を探した方が幸せになれるのです。




相手が乗り気でなければその恋は既に終了している

上に示したような状態の場合、あなたは相手から「キモい」とか「この人とはあまり深くは関わりたくない」「友達としては良い人なんだけど恋人としては違う」などと思われている可能性が非常に高いです。

つまり、恋人としてあなたのことは一切考えておらず、その上で、あなたの好意には気が付いているものの、ややこしい問題を避けるために気が付かないフリをしたり、あなたが暴走してしまわないように核心に踏み込ませないようにしているような状態です。

何故ならば、人というものは、少しでも一緒に居たいと思う相手とは、積極的に連絡を取ろうとするのが普通です。
お互いに好意を持っている開いてならなおさらで、他の用事が有ったとしも、先の予定を断ってスケジュールを調整したりしようとするものなのです。

要するに、何かの用事があるからとか、忙しいなどの理由で誘いを断られたり、相手から積極的な連絡が無いのであれば、その恋にはほとんど可能性が残されていないと判断できるのです。

可能性がある相手とは楽に進展する

世の中には、出会ってからトントン拍子に関係が進展するような交際があります。

そうなるためにはお互いのタイミングや相性の良さも関係したりするでしょうが、関係がスムーズに進展するために必要な条件として、お互いがお互いに対して良い感情を持っていなければ、トントン拍子に関係は進展することはまずありません。

お互いに良い感情を持っているので、どちかかがデートに誘うようなことがあれば、デートに誘われた方はよろこんで承諾します。

仮に指定された日が無理であっても、どうにか調整して都合を合わせるか、別の日を提案して、なんとかしてデートを実現させようとするするのが普通なのです。そうした想いがあればこそ、二人の関係はトントン拍子に進展させることができるのです

つまり、あなたが片想いをしていて、努力をしているにも関わらず状況を進展させられずに四苦八苦しているのであれば、相手はあなたに大して恋愛感情を持っていないと考えて間違いありません。

出会ってまだ間もないうちは相手が積極的でなくても可能性は残されている

恋愛を進展させようと思っても、相手が自分に対して良い感情を持っていない場合、関係を進展させるのは正直なところとても大変な労力が必要になります。

なぜならば、いくらデートや遊びに誘ってもなかなか良い返事がもらえなかったりするからで、取りつく島もなければ、関係を進展させる切っ掛けを掴むことができないからです。

そうこうしているうちに関係はどんどん悪化し、無理に誘えばストーカーのようになってしまって、どうしようも修復の出来ないところまで行き着いてしまうのです。

しかし、相手があなたの誘いに乗ってこない場合でも、知り合ってからまだ間の無い、初期の段階であれば、そこから関係を進展させられる可能性は大いに残されています

たとえ第一印象が悪くて、あなたに対して良くない感情を持たれていたとしても、初期の段階であれば努力次第でそれは挽回出来るのです。

確かに第一印象は大切で、第一印象が良ければそれだけ好スタートを切れるわけですが、第一印象が重要になるのは営業マンのように、不特定多数の人と浅い付き合いをする場合だけで、恋人になるような深い関係を築く上では、第一印象は、それほど重要なものではないと考えて良いでしょう。

何故なら第一印象で得られるのは、所詮上辺だけの評価なので、何度か顔を合せれば、最初の印象はどんどん薄らいでいくもので、評価は大きく変えられるからです。

結婚式の新郎新婦のインタビューで「第一印象は?」などという質問に対して「最初はなんとも思ってなかった」「最初は変な人だと思った」「最初は嫌いだった」などと答える人が多いのもそれを証明している良い例と言えるでしょう。

最初の悪い印象などは、後からいくらでも塗り替えられるし、場合によってはギャップで弾みが付くことだってあるのです。

なので、出会って間もないうちは、なかなか相手との距離を詰められなくても、それほど深刻な状態ではないので、まだまだ前向きに努力出来る時期なので、積極的にデートに誘ったり、自分をアピールして良いと思います。

出会った当初に、メールを送っても相手の反応があまり積極的でなかったとしても、それはあなたのことを良く知らないので軽快しているだけで、その後の努力やアピールで相手の反応が変わって、次第に良い関係になれる可能性が残されているのです。

知り合って半年以上経つような関係で相手が積極的でなければ諦めるべし

知り合って間もない頃は、相手もそれなりに積極的に連絡をしてきたりしていたのに、次第にトーンダウンして、相手からの反応が悪くなることがあります。

その相手ともっと距離を詰めたい、仲良くなりたいと思っている人にとっては、ジレンマが増大し非常に辛い時期に入ります。ある意味、片想いの醍醐味とも言える悶々としてただ苦しい日々を過ごすことになります。

このような状態になってしまったら、出来るだけ早くその恋に見切りをつけて新しい恋を探した方が良いと言えます。

お互いをある程度知った上で、相手が積極的でなくなった場合は、その後いくら努力をしても、関係が進展する可能性が限りなく低く、絶望的な状態と考えられます。

何故ならば、相手が積極的ではないのは、あなたとの関係を必要以上に親密にしたくない、あなたとの関係をこれ以上進展させるつもりはない、という気持ちの表れだからです。

相手はもう既にあなたのことを恋愛相手として見限っているので、無理に関係を進展させようとしても、さらに距離を置かれてしまうようになるのです。

それを察することが出来ずに無理に距離を詰めようとすればするほど、相手はあなたのことを警戒しはじめ、次第に距離を置き始めます。最悪の場合はストーカーのように扱われてしまうか、連絡をしても返事の無い音信不通状態になってしまうのです。

客観的になれれば、この気持ちの変化はすぐに理解できるので「これ以上頑張っても可能性はないな」「諦めた方が良いな」などと判断できるのですが、いざ恋に落ちてしまうと、拒絶されればされるほどその理由を知りたくなります。

相手との距離をもっと詰めたくて、必要以上に追いかけてしまったりもしてしまうのです。




片想いの可能性の見切りのライン

関係を上手く進展させられない場合、相手はあなたに分かりやすい「No」サインを出していることが多いです。

例えば「積極的に連絡をとらない」とか「2人で遊ばない・会わない」などがその代表的なサインと言えるでしょう。

会話が盛り上がらないのも典型的な「No」サインの一つです。

何故なら、普通は好意を抱いている相手の話はどんな話でも聞けるものだし、話を膨らまそうとするはずです。なので基本的に会話が盛り上がらないという状態にはならないのです。

会話が盛り上がらないのは「おまえとは会話を続けたく無い」という相手からの強いメッセージだったりもするのです。

非常に分りやすいサインなのですがモテない人ほど、このサインにさえ気が付くことができない傾向にあるようです。

気が付かないどころか思い込みの激しい人の場合は「NO」サインすらも前向きに解釈してしまったりします。

最悪の場合、たとえそれが怒りを伴った拒絶であっても、相手が反応してくれること自体に喜びを感じてしまい「どうして怒っているんだろう?きっと何か嫌な事があったからかな。悩みがあるなら相談にのってあげないとな」などのように自分にとって都合の良い解釈をしはじめてしまったりもするのです。

まさしくモテない人の典型でもあります。

「No」サインに気付くことが出来ないと、は無駄な努力や時間を過ごしてしまうことにもなるので、モテる世界においては、出来るだけ早く相手の「No」サインに気付くことが重要だと考えられています。




片想いの可能性の見切りのラインまとめ

● 人は好きな相手からの誘いは実現させようとする。
● 人は嫌いな相手からの誘いは、理由をつけて断る。
● 誘っても相手が応じない場合は恋に可能性が無いものとして次の恋を探せ
● 「No」サインに気付こう

-片想いからの脱却
-

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.