モテるための法則

好きな相手の思わせぶりな言動に意味や理由を求めてはいけない

更新日:

好きな人の思わせぶりな言動に対して「もしかして・・・」と、意味や理由を求めてしまうことがあると思います。

例えば、気になる相手からメールやLINEのメッセージに♪やハートマークのあるスタンプ等が送られてきたりすると「もしかして・・・(^^)」と相手も自分のことを好きかもしれないと期待してしまうのです。

誰かのことを好きになると、片想いの相手の言動からいろいろと情報を得たいと考えるようになりますし、ちょっとしたことであっても意味や理由を見出したくなる気持ちは誰にでもあるものだと思います。

しかし、相手の思わせぶりな言動に意味や理由を求めると、客観性を失うことから相手の気持ちが見えなくなってしまうのです。

相手の言動に意味や理由を求め続けるとどうなる?

自分に都合の良い意味や理由を後付けするようになる

相手の言動に意味や理由を求めるようになると、自分に都合の良い考え方をしてしまうようになります。

メールやLINEだけでなく、ちょっとした優しさや、気遣いなど、さりげない相手の言動に「もしかして・・」などと期待して、どんどん妄想を膨らませてしまうのです。

恋愛相談でもよく見られるパターンで

「ハート入りのスタンプなんて何も思ってない相手に送らないでしょ!?」
「これって絶対オッケーって事だよね!?」
「思わせぶりだよね・・・」

などと、相手が自分のことを好きに違いないという前提で話をしようとする人が多いのです。

客観的に考えれば、それは相手の気持ちを完全に無視して自分勝手に作り上げた妄想でしかありません。

しかし相手の言動全てに自分に都合の良い意味や理由を後付けして解釈してしまうので、どんどん相手の本当の気持ちが見えなくなり、現実と妄想の乖離が大きくなっていくのです。

真実が見えなくなると妄想で行動を起こすようになる

メッセージにハートマークがついて来た。
これは「好き」のシグナルに違いない。
などという理由を付け始めるとどんどん妄想で相手を創り上げてしまうようになります。

相手はあなたのことを単なる友達や知合い程度にしか思っていないのに、相思相愛だと思い込んでしまうような勘違いが始まってしまうのです。

例えば、二人きりで食事に行く機会があったりすると、カップルで出かけるようなロマンチックな場所を選んでしまったり、誕生日などのイベントには、やたらと高価なプレゼントや気持ちが入り過ぎたモノをあげてしまったりするのです。

相思相愛と思い込んでいると、気分はもうカップルなので、それがやり過ぎな行動だと気付くことができなくなります。相手からすると「ちょっとこれは・・・」とドン引きしてしまうようなことを平気でやってしまうようになるのです。

思い込みの行動は相手にとっては恐怖

本当に相思相愛で恋人同士であれば何の問題もありませんが、妄想を膨らませるような情況の場合、相手との意思の疎通が上手く取れていないことが妄想を膨らませる根本的な原因でもあるので、殆どの場合は相思相愛なんていうことは有り得ません。相思相愛ならば自然とコミュニケーションは上手く取れるものなのです。

全くその気がない相手から勘違いした愛情表現をされると「ちょっとヤバいかも・・・」と思うようになり、何かに誘われても何かと理由を付けて断るなどで距離を置いて警戒をしはじめるのが普通です。

そうすると
「相思相愛のはずなのにどうして受け入れてくれないんだ」
「以前はあんなに優しかったのに、まるで人が変わってしまったみたい」
「何か気分を害することをしたかな・・・理由を聞いて謝らなきゃ」
などと妄想と現実のギャップに悩むようになり、あの時のあの言葉の真意を確かめよう」などと考え始めたりするのです。

こういった展開は完全に思い込みだけで相手の像を作り上げてしまっている人にありがちなパターンです。

想われる相手からすると、それはもう狂気以外の何ものでもなく、身の危険すら感じてしまうものなので、遂にはあからさまに拒否をしたりするようになります。

拒否される側としては、以前は自分のことを好きだったはずなのに、急に拒まれるようになったと感じるため、全く原因がわからない不安の中でちょっとしたパニック状態になり、原因をハッキリさせたいために執拗に相手に理由を求めたりするようになります。

そんな調子でエスカレートしていくと、普通の行動をしているつもりが、気が付けばストーカー扱いされていたりすることも珍しくないのです。

それもこれも、相手の言動に理由や意味を求め、妄想で理想の相手を作り上げた結果、相手の気持ちが見えなくなってしまったことから起きるのです。

何も求めないフラットな関係が良い関係を築く

片想いをするような好きな人の気持ちを探りたくなったり、言動の一つ一つに意味や理由を求めたくなるという気持ちは誰にでもあるものです

しかし、妄想や思い込みでは相手に恐怖を与えてしまうだけで、絶対に相手との良好な関係を築くことはできなくなってしまいます。

相手との良好な関係を築くために大切なのは、相手の言動に意味や理由を求めないということです。

たとえメッセージにハートマークが入ってきても、いろいろと親切で優しくされても、話す時に触れ合うほど距離が近かったりしても、それに意味を求めてはいけないのです。

何故ならば、コミュニケーションの取り方は人それぞれ千差万別であなたにとっての普通は相手にとっての普通ではないのです。

やたらとラブリーなスタンプや言葉を使いたがる人もいれば、ハートなどのマークは恋人以外には絶対に使わない人もいます。

しかしその種類やボーダーラインは人によって違います。あなたにとって一線を越えるような一大事でも、人によっては日常の挨拶程度だったりすることもあるのです。

良い事にしても悪い事にしても、相手の言動に意味や理由を求めても本当のことは本人しか分らないわけです。

そんなわけで意味や理由を求めてみても、結局は自分の都合の良いように妄想するしかありません。

分らないことは分らないこととして、意味や理由を求めたりはせずに、そのままにしておくのが一番なのです。

そういったフラットな気持ちこそがモテない人には必要です。

フラットな気持ちさえ持てれば、相手の言動にもいちいち振り回されることもありません。そして力の入っていないそのフラットな対応こそが相手にとっては居心地の良いモノになり、良い関係が築けるようになるのです。

-モテるための法則

Copyright© モテ鯨式恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.