モテるための法則

贈り物やプレゼントをするのに見返りを求めてはいけない

更新日:

贈り物やプレゼントをするのに見返りを求めてはいけない理由

好きな人には何かを贈ったり、プレゼントしたいと思うものです。
そう思う気持ちは人としてすごく自然だしとても大切なことだと思います。

今回は贈り物やプレゼントする時の基本的な心構えについて解説したいと思います

贈り物やプレゼントする時の基本的な心構え

贈り物やプレゼントは積極的に渡した方が良い

贈り物やプレゼントを渡すという行為自体はとても良いことで、チャンスや機会があれば、どんどん積極的に実践していくべきことだと思います。

旅行先などで素敵なモノを見つけたり、美味しいモノがあれば、気前良くどんどん贈り物やプレゼントをしていけば良いのです。

プレゼントは奉仕の心

贈り物やプレゼントをする際の基本的な心構えが大切です。

贈り物やプレゼントは、相手のために贈るものであって、自分が喜ぶために贈るものではない、ということを忘れてはいけません。

贈り物やプレゼントは根本的には、自分自身が贈りたいという気持ちから勝手に相手に贈ったものなので、相手に対して見返りを求めないのが基本なのです。

それは、相手が思ったほど喜ばなくても同じです。
相手の反応が期待していたほど嬉しそうではなくてもガッカリしてはいけません。
要するに、相手のリアクションすらも求めてはいけないのです。

相手に何も求めない。
これが、贈り物やプレゼントをする際に必要な基本的な心構えなのです。

プレゼントしたいという気持ちは美しい。
プレゼントに込められた気持ちは気持ち悪い

贈り物やプレゼントに見返りを求めると気持ち悪いモノになる

プレゼントを贈ったり、好きな人に対して優しくする時に、自分のことを気に入ってもらいたいとか、好きな人に好かれたい、という気持ちで行動してしまい、相手に見返りを求めてはいけないのです。

実は、相手に見返りを求めてしまうと、その瞬間から贈り物やプレゼントは気持ちの悪いモノになってしまうのです。

相手は見返りを求められていることを敏感に察することができます。
見返りを求められた瞬間、贈り物やプレゼントは気持ち悪いモノになり、精神的な重さを感じるようになるため、距離を置かれたり、受け取りを拒否されたりしてしまうようになります。

相手が真面目で誠実ならば、嫌われてしまうだけで済む話ですが、相手が悪い人間なら、気持ちにつけ込まれ、貢ぐだけの存在にされてしまうことだってあるのです。

見返りを求めて贈るプレゼントほど
気持ち悪いものはない

高価な贈り物やプレゼントで気を引こうとしてはいけない

モテないは、好きな相手に気持ちを伝える時に気合いを入れ過ぎて、一発勝負でとても高価な物を贈ってしまうという間違いを犯してしまいがちです。

素敵なモノを選べば、必然的に高価なモノになってしまうのはある程度仕方のないことではありますが、贈り物やプレゼントというものは高価なモノであれば良いというものではありません。

人間関係のレベルを踏まえた上で適切でない金額の贈り物やプレゼントは、相手に対して余計なプレッシャーや重荷になってしまい反って逆効果なのです。

なので、一気に相手の気持ちを自分のモノにしてやろうと、意気込んで高価な物を贈ってみたとしても、相手の気持ちは手に入れられないのです。

あなたのことを好きになるどころか、逆にあなたとの距離を置くようになるか、拒絶し始めるのです。

そもそも、贈り物やプレゼントで相手の気を惹こうとすること自体が間違いなのです。

値段とプレゼントの価値は比例しない

-モテるための法則

Copyright© モテ鯨式モテる男と女の恋愛必勝法 , 2018 All Rights Reserved.